【号外】佐賀北、5年ぶり甲子園へ

 第101回全国高校野球選手権佐賀大会最終日は25日、佐賀市のみどりの森県営球場で決勝があり、佐賀北が鳥栖を4-1で下し、5年ぶり5度目の夏の甲子園出場を決めた。

 佐賀北は初回、先頭の中村一翔が三塁打で出塁すると、2番久保公佑がスクイズを決めて先制。さらに二回2死二塁から9番宮﨑翔大の適時二塁打で1点を奪い、三、六回にも1点ずつ加えた。主戦川﨑大輝は鳥栖打線を1点に抑えた。

 全国大会は8月6日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕する。3日に組み合わせ抽選会が行われる。

 

 佐賀北・久保貴大監督の話 とてもうれしい。粘り強く守って、粘り強く攻撃をしてくれた。甲子園でも北高らしく戦って勝ちたい。

【佐賀北 優勝までの歩み】
2回戦  4-3 鹿 島
3回戦  5-1 龍 谷
準々決勝 2-1 伊万里農林(降雨ノーゲームで再試合)
準決勝  10-0 神埼清明(五回コールド)
決勝   4-1 鳥 栖

▼▼号外はこちら▼▼

 
このエントリーをはてなブックマークに追加