総代会を開き、2018年度決算を承認した。法人税などを除いた当期剰余金(純利益)は1億4306万円で、8年連続の黒字。供給高(売上高)は前年比2・1%増の58億8962万円、経常剰余金(経常利益)が同14・3%増の1億6342万円で、増収増益。会員数が順調に伸び、数字を押し上げた。店舗事業は佐賀新栄店(佐賀市)が2012年の開店以来、初めて黒字となった。組合員数は2・9%増の6万2791人。

このエントリーをはてなブックマークに追加