佐賀県商工会青年部連合会の会長に就任した世戸耕平さん

 佐賀県商工会青年部連合会の会長に就任し、第24代会長として、620人をまとめる。

 東松浦高を卒業すると同時に地元の商工会青年部に入って21年。仲間がいることの強みを感じてきた。「魅力承継」を活動の柱に据え、先輩の思いを未来につなげていく。

 青年部の活動は子どもたちの見守りや研修会、清掃活動など幅広い。「案内が来たから仕方なく、ではなく、一人一人が意思を持ち動くことが大切」と強調。「任期2年が終わった時に楽しかった、所属して良かったと言われるような連合会の雰囲気づくりをしたい」と抱負を語る。

 家業は「上場亭」で知られる食肉販売業「上場食肉」。この20年、食の安全に対する関心の高まりを背景に、価格の値上げが著しかった。一方で、給与水準の伸びが鈍い地域で「食は毎日のこと」と、単純な価格転嫁には踏み切れない難しさに直面した。自分だけではなく、地域が潤うこと、地域と共に成長することの大切さを強く感じるようになった。

 自身を含め、子育て世代でもある青年部。「一人で引っ張るのではなく、みんなと一緒にひと回り大きくなれたら」。玄海町有浦上。

このエントリーをはてなブックマークに追加