高齢女性を適切に保護し署長感謝状を受けた、ももた耳鼻咽喉科の看護師ら=佐賀市の佐賀北署

 行方が分からなくなった高齢女性を適切に保護したとして佐賀北署は18日、同市兵庫北2丁目の「ももた耳鼻咽喉科」の6人に署長感謝状を贈った。看護師らは連携しながら警察に引き渡すまでの間、人命救助に当たった。

 感謝状が贈られたのは、西村三加さん(33)、石井真由美さん(46)、吉岡千晴さん(40)、髙塚友恵さん(31)、大森恵美さん(34)、葛原貴美子さん(34)。

 6人は6月21日午後6時35分ごろ、同病院の駐車場でうずくまっている高齢女性を発見。日焼けがひどかったことなどから保護し、110番した。警察の到着まで、女性にお茶を飲ませたり、不安に思っている女性と一緒に歌を歌ったりして安心させるなどして、同病院の仲間と臨機応変に対応した。

 西村さんは「困っている人がいたので当たり前のことをしただけ」と話した上で、翌日女性の元気な姿を見たときには「ほっとした」と笑顔を見せた。江口昭署長は「迅速、適切に人命救助に当たっていただき、ありがたい。何かあればすぐに情報提供をしていただけたら」と呼び掛けた。

このエントリーをはてなブックマークに追加