第101回全国高校野球選手権大会岩手大会は24日、盛岡市の岩手県営野球場で準決勝が行われ、佐々木朗希投手を擁する大船渡は一関工を5―0で下して、決勝に進出した。佐々木は毎回の15奪三振で2安打完封した。

このエントリーをはてなブックマークに追加