富士通が台風や大雪などの災害時に人工知能(AI)を使って国道を監視し、車の立ち往生や、渋滞を発見する新システムを開発したことが24日、分かった。被害発生を早期に把握し、迅速な初動対応につなげる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加