神埼高放送部3年の坂井桃花さん(17)は、昨年の信州総文祭で入賞を逃した悔しさも胸に、放送部門の朗読に臨む。「場面の情景が浮かぶように伝えたい」と意気込む。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加