地方自治体の財源不足を国が補う2019年度の普通交付税と臨時財源対策債の発行可能額について、佐賀県関係の配分が決まった。普通交付税は県が3年ぶりに増加したが、市町は4年連続で減った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加