県に要望、質問書を手渡す「さよなら原発!佐賀連絡会」の豊島耕一代表(右)=佐賀県庁

 反原発団体「さよなら原発!佐賀連絡会」(豊島耕一代表)は23日、九州電力玄海原発3、4号機(東松浦郡玄海町)に建設されるテロ対策施設「特定重大事故等対処施設(特重施設)」の設置に対する質問と要望を山口祥義知事宛てに提出した。

 質問は5項目で、テロなどに備えた原子炉格納容器の強化対策など。要望については、九電から出されたの事前了解願の判断を慎重にすることや原子力規制委に審査内容の公開を求めることなどを記した。

 団体は同日、「九電や規制委に県民説明会の開催を求めてほしい」と追加で申し入れた。2週間以内での回答を求めており、県原子力安全対策課は「できるだけ早い段階で、文書で回答する」と答えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加