来春から着用する新たな制服を披露する日航の客室乗務員やパイロットら=23日午前、東京都大田区

 2020年東京五輪・パラリンピックの開幕まで1年となるのに合わせて機運を盛り上げようと、日航は23日、来年4月から着用を始める客室乗務員やパイロット、地上スタッフらの新たな制服を羽田空港で披露した。20年夏以降、羽田など主要空港で自動チェックイン機などを刷新することも発表。五輪に合わせて、快適な空の旅を実現するとアピールした。

 お披露目には、陸上男子走り高跳びの戸辺直人選手、女子100メートルの土井杏南選手ら日航所属で五輪出場が有力視されるアスリートや、大会マスコット「ミライトワ」「ソメイティ」も登場した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加