佐賀県選挙管理委員会は22日未明、21日投開票の参院選比例代表の投票者数を2人増やして30万9456人だったと訂正した。鳥栖市が投票者数を2人計上漏れしていた。投票率も0・01ポイント上がり45・25%となる。

 鳥栖市選管によると、期日前投票で女性2人が選挙区は投票しないで、比例代表だけ投票した。市選管が県選管に投票者数の確定を報告する際、誤って選挙区と同数を計上し、比例代表だけ投票した2人が計上漏れになった。最終チェックをしていた22日午前1時ごろに気づき、県に訂正を報告した。

 これにより、鳥栖市の比例代表の投票者数は2万4277人になった。

このエントリーをはてなブックマークに追加