犬塚直史氏は「時間は関係ない」と言ったが、選対としては時間と準備が足りなかったとしか言えない。もっと時間があれば、有権者に魅力を伝えられた。

 野党統一候補として戦えたことはよかった。各党から協力を得て、役割を果たしてもらった。連合佐賀をはじめ、それぞれの支援に感謝したい。原口一博、大串博志両衆院議員も全国を飛び回る中、連携を取りながら調整してもらった。

 犬塚氏の今後については党本部と話した上でのことだが、本人の意思を尊重したい。本心は、この人と一緒に日本をつくりたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加