県政史上初めて、比例票で公明党が旧民主党系の野党を抜き、自民党に次ぐ得票数を得ることができた。それだけに責任も伴う。気を引き締めたい。佐賀県本部顧問で比例代表の河野義博氏の当選をはじめ、非改選を含めて過去最高の28議席を獲得できた。自民との選挙協力も機能したと評価している。

 公明が改憲勢力とされるのは違和感がある。自民とは目指す方向性が違う。与党内でのチェック機能が期待されている。県が抱える国政課題についても、より慎重な立場で丁寧に議論を進めていきたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加