比例代表で4万6千票以上獲得するという目標に大きく届かず、重く受け止めている。党員の高齢化による運動量の低下や、選挙区に候補を擁立しなかったことによる選挙活動の制限が大きかった。党員の若返りに加え、今後は全県での演説や集いを日常的に開いていくことが必要になる。

 選挙区は知名度不足が最後まで響いた。残念な結果になったが、ある程度の成果を示すことはできたと思う。政策面や組織的な部分でいろいろな経験ができたので、佐賀における野党共闘の姿をもっとアピールできる形にしていきたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加