オリジナルヘア&メーク競技に挑戦する学生たち=佐賀市文化会館

オリジナルヘア&メーク競技に挑戦する学生たち=佐賀市文化会館

「夜明け」「雪の妖精」などをテーマに、学生たちがヘアメークをしたモデルたち=佐賀市文化会館

 佐賀理容美容専門学校アイ・ビービューティカレッジ(泉和子理事長、佐賀市伊勢町)の「iBヘアフェスタ2019」が21日、佐賀市文化会館で開かれた。学生が日頃培ったヘアメーク技術を駆使し、テーマに沿った仕上がりを競った。

 2年生18人によるオリジナルヘア&メーク競技では、4チームに分かれて「越冬の鶴」「雲模様」などをテーマに競技。コンセプトに沿っているか、ヘア・メーク技術、トータルバランスを基準に採点した。1年生30人は国家試験の課題でもある、髪にパーマをかける「ワインディング」の競技に挑んだ。

 学生たちは6月からフェスタに向け、モデル探しや衣装づくりなどに励んできた。実行委員の2年生、小野原由紀さん(19)=鹿島市=と副島優月(ゆづき)さん(19)=佐賀市=は「人前に立ち緊張したけど、多くの人から拍手をいただき、達成感があった」と笑顔だった。

 フェスタは、習得した技術をプロの厳しい目で見てもらい、精神的に成長することや、慢性化する業界の人材不足の解消に向け、地元中高生にPRすることを目的に開催した。約200人が訪れた。

このエントリーをはてなブックマークに追加