フットボール佐賀大和に設置された326さんの横断幕

 佐賀市出身のイラストレーター・326(ナカムラミツル)さんが描いた横断幕が、佐賀市大和町のフットサルコート「フットボールパーク佐賀大和」に設置されている。

 以前から326さんの作品が好きだったという運営会社「サンライズ」の鍵山士郎社長(47)が「フットボールパークを、小さい子どもからお年寄りまでたくさんの仲間が集うにぎやかな場所にしたい」と依頼した。

 横断幕設置について、326さんが佐賀新聞社にコメントを寄せた。

 ■326さんコメント

 サッカーにはホームという言葉があります。そのホームのような、みんなを鼓舞するあたたかい空気にあふれた場所をつくりたかった。そんな優しい空気で満たされた空間が新しく生まれてくれるなら、力になりたいな、何かしたい。そんなふうに思って描かせていただきました。今はまだないということはチャンスだと思っています。作ればかけがえのないひとつになれるから。

 こんな場所があればいいな、そんな願いを形にしてくれた場所。子どもたちがたくさん集まり、たくさんの笑顔の花が咲き、それを見たくて大人も集まる。そんな、みんなにとってのホームスタジアムのような場所になってほしい。そんな願いを込めて、未来のその場所を、フットサル場を…想像して絵と言葉を書かせていただきました。

 身近にいつでも帰ってこられる場所が増える。温かい場所が増えるたび、佐賀もドンドン盛り上がる。そう信じています。微力ながらも、その手助けができて僕は本当に幸せものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加