「佐賀の先っぽ基山」を披露する「どぶろっく」とフローラ=JR基山駅前通り

 基山町の夏を盛り上げる「きのくに祭り」が20日、JR基山駅前通りで開かれた。台風5号の影響による不安定な天候にもかかわらず家族連れら約2千人が訪れ、多彩なステージイベントや飲食物などの出店を楽しんだ。

 町民同士の絆を深め、一体感を高めようと開き、今回で32回目となる恒例行事。駅前通りを通行止めにして特設ステージを設営し、多くの出店も並んだ。

 祭りは、約500人が参加したパレードで開幕。華やかな4台の山車などが会場を練り歩いた。ステージでは同町出身のお笑いタレント「どぶろっく」がトークや歌で会場を盛り上げた後、2人が作詞作曲した同町の歌「佐賀の先っぽ基山」を披露した。町内のダンスユニット「フローラ」が歌に合わせたダンスを踊り、会場から大きな拍手を受けていた。

 来場者はステージイベントを楽しんだほか、軽食やビール、金魚すくいなど約20店の出店を散策し、楽しいひとときを過ごしていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加