白石町須古地区に伝わる郷土料理「須古ずし」を作る体験学習が19日、佐賀市の佐賀女子短期大で行われた。栄養士を目指す学生20人が彩り豊かなすし作りを通し、地域の食文化について学んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加