第44回日本ハンドボールリーグ第2週は20日、神埼市の神埼中央公園体育館などであり、トヨタ紡織九州レッドトルネード(神埼市)は大崎電気(埼玉県)に26-31で敗れた。通算成績は1勝2敗(勝ち点2)で、順位は二つ下がって7位。

 トヨタ紡織九州は前半、細かいパス回しから李琅鎬(イ・ウンホ)が5得点。一時3点のリードを許したが、17-18で折り返した。後半は李琅鎬の連続得点などで一時勝ち越したものの、終盤にミスが続いて4連続失点を許すなどして差を広げられた。

 トヨタ紡織九州は第3週の27日、愛知県の豊田合成健康管理センターで豊田合成(愛知県)と対戦する。

 

■20日の成績

大崎電気(3勝)31(18―17、13―9)26トヨタ紡織九州(1勝2敗)

大同特殊鋼(3勝)28(11―16、17―11)27トヨタ車体(2勝1敗)

トヨタ自動車東日本(2勝1敗)29(14―10、15―15)25北陸電力(3敗)

豊田合成(3勝)30(13―12、17―12)24琉球コラソン(3敗)

湧永製薬(1勝2敗)39(20―9、19―8)17ゴールデンウルヴス福岡(3敗)

このエントリーをはてなブックマークに追加