鳥栖-鹿島 前半23分、同点弾を決める鳥栖FW金崎=茨城県立カシマサッカースタジアム(撮影・鶴澤弘樹)

 明治安田生命J1リーグ第20節第1日は20日、茨城県鹿嶋市の県立カシマサッカースタジアムなどで8試合があり、サガン鳥栖は鹿島アントラーズに1-2で敗れた。2連敗で、通算成績は5勝2分け13敗(勝ち点17)。順位は最下位のまま。

 首位のFC東京が清水に2―0で快勝し、勝ち点を42に伸ばした。2位の横浜Mは神戸を2―0で下して同39。鳥栖に競り勝った鹿島は同37とし、暫定3位につけた。

 G大阪はドイツから復帰した宇佐美の同点ゴールで名古屋と2―2で引き分けた。札幌は湘南に勝ち、浦和は磐田を退けた。松本―広島、C大阪―仙台は引き分けた。

 川崎―大分は27日に行われる。

 第21節は8月2~4日にあり、鳥栖は4日午後7時半から鳥栖市の駅前不動産スタジアムで大分トリニータと対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加