災害時の事業継続計画「BCP」を考えるシンポジウムが19日、佐賀市で開かれた。MS&ADインターリスク総研(東京)の府川均部長(52)が、災害リスクを認識し、“平常時”に備える必要性を呼び掛けた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加