昔遊びのコーナーで、けん玉に熱中する親子=佐賀市の佐賀城本丸歴史館

昔遊びのコーナーで、扇を投げて的を落とす「投扇興」を楽しむ来場者=佐賀市の佐賀城本丸歴史館

 佐賀市城内の佐賀城本丸歴史館で20日、夏休みに合わせたイベントが始まった。昔遊びコーナーや着付け体験などを楽しめる。8月18日までで、参加や入館は無料。

 期間中、毎日開かれる昔遊びのコーナーでは、けん玉やお手玉、扇を投げて的を落とす「投扇興」などが体験できる。普段はゲームで遊ぶことが多いという佐賀市の岩永恵汰君(6)は「けん玉は難しかったけれど楽しかった」。父親の賢彦(たかひこ)さん(37)は「懐かしい気持ちになった。子どもたちは昔遊びに触れる機会が少ないので、いい機会になった」と話した。

 開館15周年を迎える同館は、開館記念日の8月1日にカノン砲祝砲イベントを実施し、3日は打ち掛けや甲冑(かっちゅう)などの着付け体験がある。12日は絵や手紙を書く「ミニ巻物づくり」を初めて開く。問い合わせは同歴史館、電話0952(41)7550。

このエントリーをはてなブックマークに追加