21日の参院選投開票を前に、佐賀県選挙管理委員会の大川正二郎委員長は19日、談話を発表した。

 内政、外交で解決すべき課題が山積しているとし「主権者としての自覚と責任を持ち、棄権することなく投票いただくことを切望する」と強調した。また、若い世代の投票率低下が顕著である点に触れ「新しい時代をこれから担っていく主権者の一人として1票の大切さを認識し、進んで投票に参加してほしい」と呼び掛けた。

このエントリーをはてなブックマークに追加