国文学研究資料館(東京)の研究員らが14日、鹿島市の祐徳博物館を訪れた。江戸初期から鹿島鍋島藩が集めてきた書物が現存する「中川文庫」を見学。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加