通知書を受け取った(前列左から)永石萌乃さん、三根愛未さん、権藤英子さん=佐賀市のホテルニューオータニ佐賀

 保育士を志す学生を支援する生命保険協会の奨学金制度で、本年度の採用通知書の授与式が18日、佐賀市のホテルニューオータニ佐賀で開かれた。奨学生に選ばれた3人は「より一層勉学に励む」と感謝を述べた。

 2017年から実施している制度で、月2万円の奨学金が1年間支給される。本年度の採用者は全国で87人。県内は、佐賀女子短大の永石萌乃さん(20)、西九州短大の三根愛未さん(19)、九州龍谷短大の権藤英子さん(45)が選ばれた。

 永石さんは「経済面で保育士を目指すことに迷うこともあった。今回採用されたことで、原点に立ち返って勉学に励みたい」と意気込んだ。同協会佐賀県協会の川出貴康会長(日本生命佐賀支社長)は「過去に奨学金をもらった学生たちは、現在保育の第一線で活躍している」と期待を寄せた。

このエントリーをはてなブックマークに追加