下水道の必要性などを学ぶ体験型土木イベント「マンホールの秘密基地に潜入」が8月27日午後1時から、みやき町の日之出水道機器佐賀工場で開かれる。幼稚・保育園児から高校生までの親子連れを対象に参加者を募集している。

 子どもたちに土木の魅力を伝えるボランティア「噂の土木応援チームデミーとマツ」が、マンホールを通して下水道の役割や重要性を知ってもらおうと開催。同社はマンホール蓋製造の国内最大手で、同工場は主力工場。

 当日は溶けた鉄が流れ出る様子や、鉄をマンホール型に流し込む工程などを見学。マンホールの蓋を開ける体験や、蓋に色付けする体験ができる。豪雨などの際にマンホールの蓋が開いて、水が噴き出す実験も行う。

 参加無料。募集は先着30人で、申し込み締め切りは8月23日。問い合わせはデミーとマツの出水さん、電話070(6596)4691。

このエントリーをはてなブックマークに追加