女子ダブルス準々決勝でプレーする高橋礼(右)、松友組=ジャカルタ(共同)

 女子ダブルス準々決勝で敗退した永原(左)、松本組=ジャカルタ(共同)

 【ジャカルタ共同】バドミントンのインドネシア・オープンは19日、ジャカルタで各種目の準々決勝が行われ、女子ダブルスで2016年リオデジャネイロ五輪金メダルの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)は金昭映、孔熙容組(韓国)を2―0で下し、準決勝に進んだ。

 2連覇を目指す福島由紀、広田彩花組(アメリカンベイプ岐阜)は米元小春、田中志穂組(北都銀行)に2―1で逆転勝ち。世界ランキング1位の永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)は李紹希、申昇チャン組(韓国)にストレート負けした。

 男子ダブルスで保木卓朗、小林優吾組(トナミ運輸)はインドネシアのペアに勝ち4強入り。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加