2020年東京五輪・パラリンピック期間中の渋滞緩和に向け、首都高速道路や周辺の高速で24、26両日、規制テストが行われる。入り口閉鎖や本線料金所の通行制限により、首都高の交通量を抑制できるか検証する。規制テストは両日とも午前0時から終日。過去に例のない大規模テストで、通勤や物流の車両が行き交う平日のため、首都圏の大動脈が混乱する懸念もある。

 大会組織委員会などは結果を踏まえ、本番時の対策を決める。交通規制にマイカー使用の自粛呼び掛けなどを組み合わせても、一定の混雑は避けられないとみられ、首都高の料金を時間帯で変える「ロードプライシング」を導入する方向だ。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加