最後までマウンドを守れなかったエースの頰を涙がつたった。北陵の中尾秀虎は得点圏に5度走者を背負いながらも粘投を続けたが、九回1死から四球を許して無念の交代。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加