夏の観光シーズンを前に、行楽の安全を祈願した市観光協会の役員ら=小城市小城町の清水の滝

滝つぼに塩や酒などをまき、行楽の安全を祈願した市観光協会の役員ら=小城市小城町の清水の滝

 清流で知られる小城市小城町の清水の滝で16日、山開きの式典が開かれた。市観光協会の役員ら約20人が新緑の下に集まり、涼を求めて訪れる観光客の安全を祈願した。

 滝は高さ75メートル、幅約13メートルあり、下流の清水川は「全国名水百選」に選ばれている。周辺には山の湧き水で養殖したコイの料理店が立ち並び、夏場は避暑地として多くの観光客が訪れる。

 式典では、滝の近くにある宝地院の住職の読経に合わせて安全を祈り、市観光協会の村岡安廣代表理事が祭文を読み上げた。村岡代表理事は「四季折々の風情を醸す小城の自然は最大の観光資源。じっくりと味わってほしい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加