佐賀さいこう表彰(女性活躍推進部門)の受賞者と山口知事(右から3人目)=佐賀市のアバンセ

 職場や地域で活躍する女性や団体などを表彰する「佐賀さいこう表彰(女性活躍推進部門)」が17日、佐賀市で開かれた。県内企業の経営者ら5人が受賞し、山口祥義知事から表彰状が贈られた。

 表彰は女性活躍の支援や推進を図ることが目的。受賞者の1人で「バーズ・プランニング」(唐津市)代表取締役の松尾聡子さん(37)は、加唐島の椿油を使い化粧品の開発や地域のPRなどに取り組んできた。松尾さんはグラフィックデザイナーでもあり「デザインの力で地域を豊かにしたい。地域をまるごとデザインする気持ちで日々取り組んでいる」と話した。 

 当日は女性の活躍推進セミナーも開かれ、講演会ではNPO法人ファザーリング・ジャパン(東京)の安藤哲也代表らが登壇した。参加者は部下や自分の仕事と生活を考えながら、組織の業績向上も追求する上司などを意味する「イクボス」や経営者の意識改革について学んだ。セミナーには公務員や企業の経営者など215人が参加した。

 他の表彰者は次の通り。

 福成有美・アテンド社長▽山下千春・オヤモコモ社長▽木村剛・唐津土建工業総務部課長▽田島みゆき・田島興産専務

このエントリーをはてなブックマークに追加