ノリ生産量日本一など豊かな海として知られる有明海を学ぶ授業が17日、鳥栖市の旭小で開かれた。4年生約130人が干潟や有明海に生息する生き物について理解を深め、ノリの摘み取りを疑似体験し、海を大切にすると誓った。 佐々木英利校長が昨年3月まで、漁業が盛んな佐賀市川副町で大詫間小の校長を務めていた。