「どこかで見たような共感できる形を表現した」と話す土屋泉太さん=佐賀市の画廊憩ひ

「どこかで見たような共感できる形を表現した」と話す土屋泉太さん=佐賀市の画廊憩ひ

 美術作家の土屋泉太さん(62)=東京都=の個展が、佐賀市天神の画廊憩ひで開かれている。抽象画45点を並べ、料理を盛り付けたようなコラージュもある。壁に掛けた作品は、回転させてどの角度から見ても作品を味わうことができる。21日まで。

 佐賀では6年ぶり3回目の個展で新作を展示している。コラージュの中には、チューブに固まった絵の具をカットして、オニオンに見立てて使うなど遊び心も詰まっている。「Choco Banana Friday」は、カプチーノの泡のような模様が目を引く。アクリル絵の具に水を混ぜて泡立てて作ったという。

 絵の具の色や形を見て、野菜や肉など身近なものをイメージして作品に取り込んでおり、土屋さんは「共感できる形を表現した」と話している。

このエントリーをはてなブックマークに追加