18日、ソウルで記者会見する韓国外務省報道官(共同)

 【ソウル共同】韓国最高裁が日本企業に賠償を命じた元徴用工訴訟を巡り、日本政府が要請した仲裁委員会開催について、韓国政府は期限の19日午前0時までに回答しなかった。韓国外務省報道官は18日、「日本が一方的に設定した日程に私たちが縛られる必要はない」と述べていた。

 日本外務省は、南官杓駐日韓国大使を19日午前に呼び出す。河野太郎外相が日本政府の見解を伝える方針だ。

 最高裁判決を国際法違反と位置付ける日本政府は、国際司法裁判所(ICJ)への提訴なども視野に、今後も繰り返し韓国側に是正を求めていく方針。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加