重苦しい雰囲気を打ち破ったのは、頼れる中軸の一振りだった。神埼清明の3番野中愛斗が勝ち越しとなる左前適時打を放ち、初の夏の県大会4強入りに大きく貢献。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加