■「安全追求を」県内首長は冷静 九州電力川内原発の再稼働差し止めを認めなかった22日の鹿児島地裁の決定について、玄海原発(東松浦郡玄海町)の操業停止を求めている訴訟の原告団は「司法の責任放棄だ」と批判した。