準々決勝・唐津工-鳥栖 5回表唐津工の攻撃を抑え、笑顔でベンチに戻る鳥栖の主戦寺澤神と木原悠一郎捕手=みどりの森県営球場

準々決勝・唐津工-鳥栖 6回途中から救援した唐津工の麻生武尊=みどりの森県営球場

▽準々決勝(みどりの森県営球場)
唐津工0001000001
鳥 栖00022200×6
▽三塁打 野中(唐)
▽二塁打 南條、大坪(鳥)

【評】鳥栖が中盤の集中打で唐津工の投手陣を打ち崩し、快勝した。

 鳥栖は1点を追う四回1死二塁から7番寺澤が中前打を放ち、敵失の間に二走が生還して同点とした。さらに8番木原の中犠飛で2―1と勝ち越し。五回と六回にも2点ずつを奪い、試合の大勢を決めた。先発寺澤は6安打1失点で完投。

 唐津工は四回に1点を先制したが、主戦本村がつかまった。六回からの継投策も実らなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加