【シャンティイ共同】フランス紙フィガロは17日、前日産自動車会長ゴーン被告がオランダにある日産と三菱自動車の共同出資会社に雇用契約を不当に破棄されたとして、最大1500万ユーロ(約18億円)の賠償請求訴訟を起こしたと報じた。

このエントリーをはてなブックマークに追加