【ワシントン共同】米下院は17日、来年の国勢調査で市民権の有無を尋ねる質問追加を政権がいったん決めたことに関し、バー司法長官とロス商務長官が資料の議会提出を拒否したのは議会侮辱罪に当たるとする決議案を賛成多数で可決した。

このエントリーをはてなブックマークに追加