災害時の避難所運営のあり方について、佐賀県内の自治体で見直す動きが広がっている。昨年の西日本豪雨では、非常食などの備品に偏りがあったため使用を敬遠するケースも見られた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加