設置された期日前投票所で投票する学生=佐賀市の佐賀大学本庄キャンパス

 21日投開票の参院選で佐賀市選挙管理委員会は17日、佐賀大学の本庄、鍋島両キャンパスに期日前投票所を設置した。参院選では、選挙権年齢が18歳以上に引き下げられて初の国政選挙だった前回に続き2回目で、学生は講義の空き時間などに1票を投じた。

 本庄キャンパスでは図書館に投票所が設けられた。入場整理券を持参していない学生も、学生証など身分証明書を示し、佐賀選挙区(改選数1)と比例代表にそれぞれ投票した。

 投票した理工学部2年の小野夢華さん(19)は「消費税が引き上げられると買い物にも影響が出ると思うから心配。政治に若い人たちの意見を反映させるために投票する必要がある」と話した。農学部3年の吉丸晴哉さん(20)は「大学の無償化など身近な問題に関心がある。候補者の主張が掲載された選挙公報を参考にして、どの政策が実現性が高いかを考えて選んだ」と述べた。

 学生からはキャンパス内で手軽に投票できる便利さを指摘する声も上がった。

 大学の期日前投票所は18日まで設置する。県選管は17日、本庄キャンパスで投票を呼び掛ける街頭活動を実施し、チラシなどの啓発グッズを配った。18日には鍋島キャンパスで行う。

このエントリーをはてなブックマークに追加