女子シングルス2回戦に進出した奥原希望=ジャカルタ(共同)

 【ジャカルタ共同】バドミントンのインドネシア・オープンは17日、ジャカルタで1回戦が行われ、女子ダブルスは2連覇を目指す福島由紀、広田彩花組(アメリカンベイプ岐阜)がオランダ組に2―1で逆転勝ち、米元小春、田中志穂組(北都銀行)は台湾ペアにストレート勝ちして2回戦に進んだ。

 女子シングルスで世界ランキング2位の奥原希望(太陽ホールディングス)は香港選手を下し、中国選手に勝った高橋沙也加(日本ユニシス)とともに2回戦進出。男子ダブルスでは園田啓悟、嘉村健士組と保木卓朗、小林優吾組(ともにトナミ運輸)、遠藤大由、渡辺勇大組(日本ユニシス)が勝ち上がった。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加