日本最古の気象台といわれる「旗上げ神事」が15日、みやき町の綾部八幡神社で行われた。氏子や地域住民らが見守る中、締め込み姿の男衆が境内の大イチョウに登り、天候を占う「神旗」を設置した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加