2005年、合併で誕生した新唐津市の初代市長を争ったお二人が、相次いで亡くなった。元相知町長の大草秀幸氏と前市長の坂井俊之氏。72歳と57歳。一報を聞いた時、誰もが耳を疑う急逝だった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加