県立名護屋城博物館を訪れた「全国龍馬社中」の一行

 坂本龍馬が好きで、まちづくりに関わっている国内外200以上の団体を束ねている「全国龍馬社中」の橋本邦健会長ら一行8人が6日、長崎を経由して「からつ海援隊」との交流にやって来ました。

 唐津は初めてという高知の龍馬ファンたちは呼子の朝市を訪れ、イカの生き造り、刺し身のおいしさに大満足。県立名護屋城博物館では高知出身という学芸員の安永浩さんの説明を熱心に聞いていました。

 「名護屋城跡には徳川家康や土佐藩山内一豊をはじめ諸大名の陣跡がたくさんあり、びっくりしました。また、ゆっくり唐津に来たいですね」と橋本会長。交流会では10月の全国大会第31回「龍馬ワールドin高知」の成功を誓い合いました。

 (地域リポーター・小島起代世=唐津市)

このエントリーをはてなブックマークに追加