参院選の関心度は「大いに関心がある」(19・1%)と「ある程度関心がある」(43・4%)合わせて62・5%だった。安倍政権の経済政策「アベノミクス」の是非を最大の争点とした前回(2016年)を6・2ポイント下回った。