佐賀市南部4町の決起大会で演説した石破茂自民党前幹事長=東与賀町の東与賀文化ホール

 自民党の石破茂前幹事長が16日、参院選佐賀選挙区の自民現職山下雄平候補(39)の応援で来佐した。佐賀市南部4町の決起大会で「佐賀から新しい日本をつくるためになくてはならない人。圧倒的な票で勝たせて」と支持を訴えた。

 石破氏は新聞記者出身の山下候補を「本の知識ではなく現場を歩き、見聞きしている。誰が何に悲しみ苦しむかを知り、法律や事業にしている」と評価した。

 地方創生についても言及し「地方の人、モノ、金が東京に流れている。地方が滅び、東京だけ残ることは国家としてあり得ない」と指摘した。その上で「産業をつくり、個人所得を上げる地方創生を成功させよう」と呼び掛けた。

このエントリーをはてなブックマークに追加