建て替えのため来年2月末で一時閉館する東横イン佐賀駅前=佐賀市駅前中央

 JR佐賀駅南口のホテル「東横イン佐賀駅前」(佐賀市駅前中央)が、耐震対応の建て替え工事のため、2020年2月29日の宿泊を最後に一時閉館することになった。現在の建物は40年近く経過しており、取り壊した後、同じ敷地内に新たに建てる。客室数や階数、営業再開日などは未定という。

 東横イン佐賀駅前は2001年9月、同年3月に撤退した佐賀東急インの建物を全面改装してオープンした。8階建てで、客室は全184室。建物は1981(昭和56)年4月の佐賀東急イン開業時から利用している。

 同社広報は「建て替えが完了すれば、引き続きぜひ利用いただきたい」としている。ビル1階に入っていた酒屋「しめなわ」は今年4月にJR佐賀駅西側の高架下に移転している。

このエントリーをはてなブックマークに追加