「海を渡る山笠」として知られる唐津市呼子町小友の小友祇園祭が16日、始まった。見物客が見守る中、法被姿の男衆に担がれた山笠が海に入り、前後に揺れながら海中約75メートルを渡りきった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加