7回DeNA1死満塁、ロペスが左前に勝ち越し打を放つ=横浜

 DeNAは4―4の七回に3四球で満塁とし、ロペスの左前適時打、佐野の2点打、伊藤光の犠飛で4点を勝ち越した。広島は七回に鈴木の4年連続となる20号で追い付いたが、2番手のレグナルトが制球を乱して試合を壊した。

このエントリーをはてなブックマークに追加